考察とは名ばかりで感想?

最近は主にゲーム(戦略系)と資産運用(目指せ脱労働!)

突進公「止まるんじゃねえぞ…」①ブルゴーニュ朝神聖ローマ帝国

近世を舞台にした歴史戦略シミュレーションゲーム、ヨーロッパ・ユニバーサリス4 (Europa Universalis IV) のプレイ日記です。長くなってきたので分割しました

元記事:

kurutto115.hatenablog.com

f:id:kurutto115:20200320145532j:plain

※見出しは[プレイ日]~ゲーム内年代・スコア(国別順位)

[3/20]~1449年・0点(-位)

Ver.1.29.5。適用DLCはDharma*1以外全て。使用MODは日本語化MODとテクスチャ改善MODくらい。セーブ&ロードありでプレイ

目標は

できれば

  • ローマ皇帝になる
  • フランスを解体して、諸国を帝国領邦にする
  • イギリスも解体して、諸国を帝国領邦にする
  • プロヴァンスを足掛かりに地中海へ進出する
  • アフリカやアジアにも進出する
  • ネーデルラントを制圧する

まあ初心者に毛が生えた程度の実力では予定は未定ですがね

そういや、Golden Centuryの追加要素、「修道会」とか「マイノリティの追放」とか使ってなかったから、それに慣れるのも目標だな*2

f:id:kurutto115:20200320140530j:plain

というわけでスタート。帝国外の国だと皇帝選出にマイナス補正がつくので、自国領土を帝国に編入しようとしたら

f:id:kurutto115:20200320141225j:plain

国が大きすぎて首都を帝国に編入できないし、

f:id:kurutto115:20200320141240j:plain

じゃあ自国領土のうち帝国内のプロビに遷都しようと思ったら、帝国の内と外では自由に遷都できない。しゃーない、普通に帝国外から選出を狙おう。元々国が公国級だからデメリットないから積極的に狙っていくぞ!

――――

さて、フランスと戦う上で心強い味方、イングランドにライバル視されてない世界線を一発で引いたぞ

f:id:kurutto115:20200320140545j:plain

さらにイングランドは当然フランスをライバル視している。よしよし

ブルゴーニュも宿敵を決めよう。今回のプレイの標的であるフランス、プロヴァンス、さらにプロヴァンスを下した先に狙っているアラゴン

f:id:kurutto115:20200320140952j:plain

しっかしオスマンにライバル視されてるの何でだw 実力差ありすぎでしょ

――――

同盟を組む前に兵力ランキングを確認。ブルゴーニュ本体の兵力は1.5万だが*3、ただでさえ精強なフランスは3万もいる。ここでほぼ同等の2.9万を誇るイングランドに加え、基本フランスを敵視しているオーストリアの1.7万を味方につけたいところだ*4

f:id:kurutto115:20200320141005j:plain

というわけでオーストリアと同盟を結び、

f:id:kurutto115:20200320141020j:plain

イギリスとも…ってこっちが弱いからお呼びでない感じだ!

f:id:kurutto115:20200320141108j:plain

仕方ない。関係改善して再チャレンジしよう

――――

固有ミッションの最初はやたら多い従属国*5の独立要求を全て10%以下にするもの。王室支援金払ってミッション達成したら即取り消すだけじゃん。楽勝!*6

f:id:kurutto115:20200320140840j:plain

さて、これで請求権がゲットできるロレーヌだが、プロヴァンスと同君連合か。プロヴァンスと戦うついでで、ローマ皇帝に邪魔されず叩けるな

f:id:kurutto115:20200320140906j:plain

次は顧問を雇うが、予算が心もとないので外交顧問だけにする

f:id:kurutto115:20200320141131j:plain

というか善良公フィリップ3世が優秀すぎて、君主点だけでいえば顧問いらん。逆に息子のシャルル突進公のパラメータが心配だ…*7

そして顧問一人、陸軍予算最小で十分な黒字だ

f:id:kurutto115:20200320141145j:plain

ちなみに従属国に支援金与えっぱなしにしてたので、外交費1.6/月も消費してしまっている
突進公の苦手パラメータがよりによって外交点なのがこのプレイではネックになる。何故なら、ただでさえ従属国が4もあるところに、ローマ皇帝を狙うために選帝侯と外交関係を結びまくって外交枠をオーバーするからだ!

結果こうなる

f:id:kurutto115:20200320141526j:plain

フィリップ3世はパラメータが高いからこれで済んでいるが…

ともあれ、皇帝位を目指して選帝侯との間に同盟、婚姻関係、通行許可、援助金支給をできる限りやったぞ!

f:id:kurutto115:20200320141528j:plain

後は関係改善を進めるだけだな。ちなみにブランデンブルクは宿敵のザクセン選帝侯国と同盟を結んだので関係が良くないから、最初から捨てることにする。過半をとりゃいいんだから十分でしょ

――――

イベントで英仏開戦! こりゃ漁夫の利だぜ

f:id:kurutto115:20200320141542j:plain

この隙にフランスと同盟してるプロヴァンスと戦争

ってフランスとプロヴァンスの同盟切れてるわ。対英戦での同盟履行を拒否ったのな

f:id:kurutto115:20200320141909j:plain

というわけで戦争だぁ! 戦争税を徴収!

f:id:kurutto115:20200320141924j:plain

外交枠を消費したくないのでこちらから通行許可を取りに行かない方針でやってたら、プロヴァンスがフランスの通行許可を得たことに気づかず、停止してた要塞を落とされた図

f:id:kurutto115:20200320142356j:plain

てかイングランド全然フランスに勝ててないな*8

こちらはロレーヌを全土占領。ブルゴーニュ領に挟まれたバロワを攻略しようとしてる間に、従属国がプロヴァンス地方を占領していた

f:id:kurutto115:20200320141955j:plain

結果敵軍は、プロヴァンス本土を解放に行ったり、フランドル方面を占領に行ったり右往左往。分散した兵力がこちらの兵力を見て勝てないと引き返すのを繰り返すのであった

――――

そんな間にも、関係改善と援助金支給で選帝侯の支持が高まり、ついにザクセンの支持を得た!

f:id:kurutto115:20200320141939j:plain

カスティーリャと違って枢機卿座がないから教皇ポイントが全然貯まらん。そんなところに枢機卿ゲットのイベント。ありがたい

f:id:kurutto115:20200320142716j:plain

ザクセンに続いてケルンの支持も得た。このままボヘミアとトリーアも行けそうだな!

f:id:kurutto115:20200320142611j:plain

そんな中フィリップ3世が死亡

f:id:kurutto115:20200320142737j:plain

突進公は幼少のため、公爵夫人が摂政に。この状態だと皇帝になれないので、このタイミングでうっかり皇帝が死んだらまずいな

f:id:kurutto115:20200320142810j:plain

一方、プロヴァンスとの戦争は敵同盟国のヴュルテンベルクを攻略

f:id:kurutto115:20200320142908j:plain

単独講和だ。賠償金を寄越せ!

f:id:kurutto115:20200320143037j:plain

同じ頃、あまり戦闘にならなかったこの戦争では珍しい会戦で勝利

f:id:kurutto115:20200320143214j:plain

ここらで講和しても良さそうだな… バロワとロレーヌ公領をもらうと…

f:id:kurutto115:20200320144049j:plain

あ、帝国の領邦を併合すると諸侯からの侵略的拡大ポイントが50を超えてしまう。うっかり包囲網組まれたら困るな

ところで地中海への出口が欲しいんだが

f:id:kurutto115:20200320144121j:plain

イベリア半島をぐるっと回ってコア化できるほどの植民距離は初期にはない。こっちは諦めよう*9

領土はともかく、宿敵に屈辱を与えるのに戦勝点が足りないのでまだまだ戦争を続ける。だって、大航海時代の目標の一つだからクリアしておきたいじゃん、「宿敵に屈辱を与える」

――――

戦争中にちょうどいいイベントだが、時代錯誤なので栄光ポイントが減る

f:id:kurutto115:20200320144231j:plain

同盟を組んだ選帝侯との関係改善が進んだので共通ミッションを一つクリア

f:id:kurutto115:20200320144300j:plain

流石に戦争疲弊が溜まってきた。だがもうちょっと粘るぞ

f:id:kurutto115:20200320144719j:plain

プロヴァンスの飛び地の一つ、アンジューを落とした!

f:id:kurutto115:20200320144745j:plain

これで戦勝点MAX。早速*10講和だ

f:id:kurutto115:20200320145238j:plain

包囲網を避けるため、取れる領土は一つ残す

f:id:kurutto115:20200320145311j:plain

賠償金も取って、屈辱を与えて終戦

しっかし攻城戦してない敵と比べて損耗が激しいなぁ。野戦ではこっちの犠牲者の方が少ないけど

f:id:kurutto115:20200320145258j:plain

プロヴァンスが最早宿敵たり得ないので、新たな宿敵にサヴォアを指定する

f:id:kurutto115:20200320145545j:plain

ミッションで請求権もらえるからな

突進公の外交パラメータが0なせいで、毎月の外交点の増加がマイナスになっているため、外交枠を開けてせめてプラマイゼロにしよう

f:id:kurutto115:20200320145505j:plain

というわけで関係が微妙なマインツと同盟破棄。というか、少なくとも4の選帝侯押さえてれば確実だからこんなに同盟結ぶ必要なかったなぁ

そして現在3の選帝侯から支持を得ているブルゴーニュが他を抑えてトップ

f:id:kurutto115:20200320145532j:plain

いやー、ローマ皇帝も意外と簡単になれそうだな?*11

[3/21]~1462年・0点(-位)

同盟と婚姻を結びまくった外交枠オーバーのため、外交点の増加がゼロ*12

f:id:kurutto115:20200321233040j:plain

そこで思い出したナショナルフォーカスである。これで+2になるから…

追加でイギリスと同盟結んでもプラスだわ

f:id:kurutto115:20200321232933j:plain

そう、関係改善しといたのでギリギリ同盟結んでくれる

さて、そのイギリスはフランスと戦争中。数ではフランスに対して優勢だが…

f:id:kurutto115:20200321233027j:plain

ひとまずカレーを奪還中。ブルゴーニュは通行許可渡してないので、フランス領から敵軍が来られない

f:id:kurutto115:20200321233004j:plain

カレーを奪還後、ブルゴーニュではなくフランドルその他などに通行許可もらってフランスへ向かうが、もちろんフランス軍も逆にカレーへ向かってきているので鉢合わせ

f:id:kurutto115:20200321233117j:plain

結果イギリス軍は壊滅。諦めず本国から今度はノルマンディーに軍を向かわせるが、しばらくしてやっぱり撃退されるのであった

f:id:kurutto115:20200321233148j:plain

最終的に史実通りカレー以外を引き渡して終戦となった

f:id:kurutto115:20200321233202j:plain

その頃ルネッサンスの「制度」が誕生。ブルゴーニュは受容しやすそうだ*13

f:id:kurutto115:20200321233133j:plain

同盟ついでにイギリスと婚姻関係を結んだ結果

f:id:kurutto115:20200321233250j:plain

嫁が来て後継者も誕生!

f:id:kurutto115:20200321233305j:plain

やっぱり外交パラメータが低いのが気になるが、今の0点よりよっぽどましよ*14

――――

帝国権威ポイントが高まってきたせいか、選帝侯の支持でオーストリアが巻き返してきている

f:id:kurutto115:20200321233223j:plain

改めて関係改善だ! 改善してもMAXにならないところにはプレゼント攻撃でいく

f:id:kurutto115:20200321233318j:plain

何とか巻き返したぞ…

f:id:kurutto115:20200321233336j:plain

~しかし、しばらくして~

f:id:kurutto115:20200321233447j:plain

ぬあー、同じように同盟+婚姻関係+関係改善で攻めるところが出てきた! こうなると外交評判と正統性と威信の勝負になるので簡単に対応できない

f:id:kurutto115:20200321233505j:plain

ボヘミアはアンハルト、ケルンはヘルレ、ザクセンハンガリーに取られて、ついにどの選帝侯もブルゴーニュを推してくれない状態に

うーむ。ローマ皇帝なるの簡単じゃんとか言ってたら簡単にはいかないフラグを立ててしまっていたか。都合よくブルゴーニュが支持されてるタイミングで現皇帝がおっ死んでくれてりゃあなぁ*15

――――

一方その頃、フランスに負けたイングランドは異端の反乱に手を焼いていた隙にスコットランドとの戦争に巻き込まれてしまう

f:id:kurutto115:20200321233532j:plain

まるで太刀打ちできずに負けるイングランドであった

f:id:kurutto115:20200321233617j:plain

イギリスの戦争を見てるだけで暇だったので、傭兵を求めてる国に兵を貸し出したら、契約した瞬間に戦争が終了して丸儲けになったり

f:id:kurutto115:20200321233605j:plain

味を占めて他の戦争にちょっかいだしたら、陸軍維持費を上げ忘れて無駄に兵力を消耗するオチになったりした

――――

ライバルが関係改善怠ったりしてる隙に何とか巻き返してきた

f:id:kurutto115:20200321233549j:plain

ちなみに選帝侯の支持が同数だった場合、現皇帝の国が優先。それ以外の国同士では威信が最も高い国が皇帝になるそうだ(英攻略wikiより)

属国の統合が終了!

f:id:kurutto115:20200321233632j:plain

したところ選帝侯の支持が失われているこれは…

f:id:kurutto115:20200321233647j:plain

属国併合による外交評判の悪化が原因だ!

f:id:kurutto115:20200321233658j:plain

どうしたもんかな?

[3/22]~1466年・0点(-位)

どうにも選帝侯の支持が2に留まる中、帝国権威の高まりによってオーストリアは3を獲得。次期皇帝の座を盤石にしたのちに、

f:id:kurutto115:20200322161720j:plain

皇帝フリードリヒ3世が崩御してやはり次代もオーストリア

f:id:kurutto115:20200322161733j:plain

あ、代替わりで安泰になったところで帝国権威ポイント消費して改革通したな!

せっかくのチャンスを逃してしまったのがもったいないので、ヌヴェールを併合する前に戻って再チャレンジすることにした

f:id:kurutto115:20200322161812j:plain

よりによって全選帝侯の支持を失ってるタイミングだが、ここからなら巻き返せる

f:id:kurutto115:20200322161859j:plain

まずはザクセン。するとなんだか表示が変だ

f:id:kurutto115:20200322170205j:plain

オーストリアが皇帝に不適格? これは…

f:id:kurutto115:20200322161936j:plain

後継者が死んで不在! チャンスだ!

f:id:kurutto115:20200322162000j:plain

ボヘミアとトリーアの支持を取り付けた。さらにケルンも取って…

f:id:kurutto115:20200322162016j:plain

過半を得て盤石の態勢だ。皇帝は諦めたのか、最初の帝国改革を通したのであった

f:id:kurutto115:20200322162027j:plain

統治技術がレベル5になったので最初のアイディアをゲット。攻略wikiにちょうどブルゴーニュ向けのがあったから参考にしよう*16。外交を考えて人文アイディアが欲しいのだが、外交点は不足気味なので軍事アイディアの防衛を先に取る*17

f:id:kurutto115:20200322162038j:plain

最初より数年遅れたが現皇帝が死亡。ついに皇帝の座はブルゴーニュへ! ボヘミアはアンハルトに取られたが問題なかったな

f:id:kurutto115:20200322162050j:plain

こうして突進公シャルル3世改め、突進帝カール1世が即位した

皇帝になったので色々できるぞ~ まずは自由都市からの税収で収入がウハウハだ!

ところでオーストリア大公位はどうなったかな?

f:id:kurutto115:20200322162107j:plain

婚姻関係を結んでいたハンガリー王家から大公が出たか。同君連合の可能性が見えてきたな…

[3/22]~1472年・9点(14位)

皇帝になったので自国領土を自由に帝国に編入できる

f:id:kurutto115:20200322161722j:plain

首都も編入したので帝国諸侯になった。これで次の皇帝選挙も万全だ

f:id:kurutto115:20200322194318j:plain

ところで、条件を満たさないとイタリア諸国が帝国から離脱してしまうわけだが…

f:id:kurutto115:20200322194432j:plain

大体↓の範囲、ヴェネツィア本土や教皇領までも帝国領にしないといかん。帝国領にするには基本自国に併合する必要があるので、実質オーストリア向けのミッションだろこれ

f:id:kurutto115:20200322194341j:plain

というわけでイタリアについては放っておく

――――

皇帝の座をいただいたことで、帝国領邦に手を出してもオーストリアが介入してこなくなったので、安心してロレーヌの残りをいただきにいける

f:id:kurutto115:20200322194402j:plain

というわけで宣戦。速攻でロレーヌ軍を撃破

f:id:kurutto115:20200322194419j:plain

ロレーヌと同君連合たるプロヴァンスとも戦争になっているわけだが、

f:id:kurutto115:20200322194448j:plain

この機に乗じて教皇領やブルターニュプロヴァンスに仕掛けてきた

f:id:kurutto115:20200322194527j:plain

教皇領と同盟しているアラゴン軍がプロヴァンスを攻めるの図

f:id:kurutto115:20200322194601j:plain

以前と同様、ヴュルテンベルクを落として個別講和

f:id:kurutto115:20200322194651j:plain

こっちからは賠償金をもらうとして、プロヴァンスからはロレーヌの残りをいただく

f:id:kurutto115:20200322194704j:plain

もちろん賠償金もね♪

f:id:kurutto115:20200322194729j:plain

しっかしいくらなんでも味方の犠牲がめっちゃ少なく済んだな

f:id:kurutto115:20200322194716j:plain

その後プロヴァンスブルターニュへ、かの国と隣接する飛び地アンジューを割譲

f:id:kurutto115:20200322194743j:plain

残った領土も教皇領とアラゴンに分割され、消滅した

f:id:kurutto115:20200322194803j:plain

ってことは月々の賠償金がもらえないじゃないか!

――――

オーストリアがスイスに宣戦

f:id:kurutto115:20200322194826j:plain

…これはブルゴーニュのミッションにある、スイス領のベルンを取られる危険があるな

スイスに宣戦して先に奪いたいところだが、いかんせんヌヴェールを併合するミッションの終了後でないと請求権がない

よし。スイスに傭兵貸し出してベルンを防衛することにしよう

f:id:kurutto115:20200322194900j:plain

…代金は少しまけてやる

f:id:kurutto115:20200322194907j:plain

ちょっと減額したら無事払えるようで何より

しかし、この表立って参戦できない国が非公式の軍を送るの、傭兵というより20世紀前半の義勇軍って感じだな…

スイス側諸国の奮戦により、オーストリア同盟国のブランデンブルク

f:id:kurutto115:20200322194918j:plain

同じくアウクスブルクが講和に応じる

f:id:kurutto115:20200322194931j:plain

一方スイス側も脱落する国が出てきて流石に厳しい戦い。史実ではスイスがうまいこと防衛してるんだけどなぁ

――――

その頃、国内各地の「制度」受容と国庫がいい感じになったので国をあげてルネッサンスを受容

f:id:kurutto115:20200322194946j:plain

皇帝になって国力が増大し、列強として認められた

f:id:kurutto115:20200322195000j:plain

ので差が付いたサヴォアは宿敵指定できなくなった

f:id:kurutto115:20200322195010j:plain

結局宿敵の間に戦うことはなかったなぁ

代わりに帝国領を不当に占拠しているデンマークを指定しておく

f:id:kurutto115:20200322195021j:plain

領土を奪って北欧も帝国に編入すると同時に、東欧進出の足がかりにしてやる!

――――

現君主のパラメータが低いのでさっさと後継者に交代させたいのだが、威信-50は痛いな…*18

f:id:kurutto115:20200322195054j:plain

順調にアイディアを取得し、最初の国別アイディアをゲット

f:id:kurutto115:20200322195107j:plain

ちょうど威信が欲しいところだから助かる

教皇ポイントも威信がもらえるやつに消費

――――

次の記事:

kurutto115.hatenablog.com

*1:これだけ買ってないんだよなぁ

*2:あ、修道会はイベリア勢限定か

*3:やたら多い従属国を含めると倍以上になるが

*4:カスティーリャも仲間にしたいところだが、フランスをライバル視してなかったし、むやみに同盟国を増やすと外交枠が…

*5:ヌヴェール、ブラバント、フランドル、ホラント

*6:なお取り消すのを忘れる模様

*7:外交ゼロって…

*8:イングランドの方を叩くべきだったか…?

*9:そうなるとしばらく相手できないアラゴンより、皇帝になれば不当な領土の返還を求めて戦えるデンマークを先に宿敵にしといた方がよかったかも

*10:選帝侯と関係改善してる外交官を呼び戻して

*11:フランス倒す方が大変そう

*12:君主の能力が低いせいでもあるのでさっさと代替わりさせたい

*13:金の方が問題だな…

*14:てか (5, 4, 6) とか嫁が優秀すぎる

*15:プレイ開始時のオーストリア君主は結構年いってるので、死ぬまでそんなにかからない

*16:あれ、オーストリアを倒せるようにフランスと同盟して帝国内に攻め込む前提な感じではあるけれど

*17:北米進出のため2、3番目に探検も欲しいところだが…

*18:現在40弱なので